テグレトールと低血糖とピルについて

日本国内では1966年に販売されたのが、テグレトールの抗てんかん薬です。カルバマゼピンがメインとなっている成分で、1957年につくられています。イギリスやスイスでは、1966年に販売されました。そこから、抗てんかん薬や三叉神経痛治療薬として、テグレトールの医薬品は、とても広い範囲で処方がされることとなったのです。現在では、テグレトールのジェネリック医薬品も、国内では販売がされています。

女性が自分の体を自分で守るためにも、ピルは賢く利用をすることができるお薬です。ですがピルは避妊をするためのものだけではなく、女性ならではのお悩みを解消するためにも、役立つお薬の一つです。低妖精ピルを使うことで、ほぼ100%の確率での避妊効果があると言われます。でもそれだけではない、副効用があるので、避妊以外で利用をする女性は少なくはないのも事実です。毎月の生理痛がひどい女性は、低妖精ピルの服用で、生理痛の痛みを減らすこともできます。

低血糖での不調は肌トラブルを招くこともありますが、基本である食事の改善は、その症状を良い方向へと向かわせることになります。病院で処方されるお薬を飲むことは、病気や不調を治すことではなく、一時的にマイナスの症状を抑えるだけの効果です。本当に低血糖を解消するのであれば、お薬を飲むよりも、食事をガラリと変えてしまったほうが効果は上です。低血糖になってしまうのは、糖質を過剰にとりすぎてしまって、すい臓機能の障害を越しているのも一つです。タバコやアルコール、カフェイン飲料の過剰摂取も良くはないです。精製された食材の、炭水化物の過剰摂取も低血糖を引き起こします。食事は大きく影響をしているので、低血糖を解消するなら食事を変えることです。

ページの先頭へ戻る