テグレトールは将来動悸などの副作用が想定される

テグレトールとは、てんかん発作や躁うつ病や三叉神経病などの治療薬として、古くから幅広い用途で使用されている精神と神経のための薬です。カルバマゼピンを主成分としており、1963年にスイスとイギリスで抗てんかん薬として発売されたのが始まりです。国内では1966年に販売が開始されました。そもそも、てんかんという病気は、脳の神経細胞が突然電気的な興奮状態になり、それが原因で痙攣や意識障害などの発作が起きるものです。これは慢性疾患とも言われ、繰り返し発作は起きてしまいます。てんかんの発作は全体てんかんと部分てんかんに分けられますが、テグレトールは部分てんかんに効果を発揮します。現在テグレトールは、部分てんかんの最も有効な治療薬として、幼児から成人まで幅広く処方されています。また、テグレトールはてんかん以外にも、躁うつ病や三叉神経病にも効果があります。テグレトールの特徴は、興奮状態を引き起こすグルタミン神経の受容体を遮断する働きがあることです。その働きによって、グルタミン酸が電解質であるナトリウムと結合するのを予防し、神経内の電気的な興奮が抑制されるというというわけです。このような効果が期待できるのですが、テグレトールには副作用が存在します。まず、めまいや眠気などの症状が出てきます。人によっては、眠気の方が強く出やすいこともあります。しかし、将来その副作用が重篤レベルになっていくと、症状はさらに進み、動悸や発熱や全身のだるさなどを始めとした、様々な症状を引き起こす恐れもあります。服用する際には、医師から用法・用量など薬の正しい飲み方をよく聞いて、それをしっかり守るように注意しなければなりません。

ページの先頭へ戻る