暴力性てんかんは神経内科診療科でテグレトールの処方

てんかんという症状は、脳の神経細胞であるニューロンにおいて、電気的な興奮が発生することで生じる発作のことを言います。
てんかんは脳における慢性的な疾患と言われており、発作が繰り返し現れることが考えられます。
てんかんの種類の中には暴力性が伴う症状もあり、医療機関を受診するときには精神科や神経内科の診療科を選択することになります。
抗てんかん薬としてはテグレトールがあり、主成分としてはカルバマゼピンが配合されています。
1957年に開発された医薬品で、1963年からイギリスやスイスにおいて使用が開始されています。
日本国内においては、1966年からテグレトールは承認されており、抗てんかん薬や三叉神経痛治療薬として医療機関で処方を受けることができます。
テグレトールに配合されているカルバマゼピンは、興奮状態を引き起こす原因となっているグリタミン神経伝達物質の受容体を遮断する効果があります。
カルバマゼピンの効果によって、グルタミン酸がナトリウムと結合することを阻害できることで、神経内部における電気的興奮を抑制させることにつながります。
てんかんの発作については、全体てんかんと部分てんかんに分けることができますが、テグレトールの効果は部分てんかんの症状について効果があるものとなります。
現時点では幼児から成人まで、幅広い年齢層において部分てんかんの第一治療薬として選択されています。
テグレトールは間違った服用の仕方をすると、リスクが高くなることが考えられます。
抗うつ剤や抗精神病薬、抗菌薬などと一緒に服用すると、てんかんの発作が起こりやすくなるために、医療機関を受診した際に、医者と十分に相談した上で服用するかどうか決めることが大切と言えます。

ページの先頭へ戻る