• テグレトール服用後、自転車に乗ると転倒する可能性

    2017年2月16日

    テグレトールはてんかんの患者さんに最初に選択されることの多い処方薬で、てんかんの発作をあらかじめ予防する効果があります。 多くのてんかん患者さんがこのお薬を服用している他、三叉神経痛にも有効とされ、また躁うつ病.患者に処方されることもあります。脳神経の興奮を鎮めることでてんかんや三叉神経痛の発作を効...

    記事の続きを読む

  • テグレトールは将来動悸などの副作用が想定される

    2017年1月16日

    テグレトールとは、てんかん発作や躁うつ病や三叉神経病などの治療薬として、古くから幅広い用途で使用されている精神と神経のための薬です。カルバマゼピンを主成分としており、1963年にスイスとイギリスで抗てんかん薬として発売されたのが始まりです。国内では1966年に販売が開始されました。そもそも、てんかん...

    記事の続きを読む

  • 毎日パチスロでてんかん発作、テグレトールが奏功

    2016年12月3日

    てんかんという病気があります。 てんかん発作を起こす可能性のある人は、日本人には100万人以上いるとの推測があります。 ということは、決して珍しい病気ではないと考えるべきです。 ほとんどの事例では、子供の頃に発症して、大人になったら完治しています。 また、本人ですら自分がてんかんと認知していないケー...

    記事の続きを読む

  • 暴力性てんかんは神経内科診療科でテグレトールの処方

    2016年11月1日

    てんかんという症状は、脳の神経細胞であるニューロンにおいて、電気的な興奮が発生することで生じる発作のことを言います。 てんかんは脳における慢性的な疾患と言われており、発作が繰り返し現れることが考えられます。 てんかんの種類の中には暴力性が伴う症状もあり、医療機関を受診するときには精神科や神経内科の診...

    記事の続きを読む

  • テグレトールと低血糖とピルについて

    2016年9月22日

    日本国内では1966年に販売されたのが、テグレトールの抗てんかん薬です。カルバマゼピンがメインとなっている成分で、1957年につくられています。イギリスやスイスでは、1966年に販売されました。そこから、抗てんかん薬や三叉神経痛治療薬として、テグレトールの医薬品は、とても広い範囲で処方がされることと...

    記事の続きを読む

  • 部分てんかんに分類する症状以外でテグレトールはNG

    2016年8月23日

    脳で発生する症状の1つとして、てんかんという病気があります。てんかんは脳の慢性的な疾患と言われており、ニューロンと呼ばれる脳の神経細胞において、突然に発生する電気的興奮によって発作が起きる病気となります。手足に痙攣が生じる間代発作や、手足が突っ張ることで体が硬くなる強直発作など、様々な症状が現れます...

    記事の続きを読む

  • テグレトールで予防するてんかんと学校で放置せず介助

    2016年7月9日

    てんかんを発症する人は100人に1人程度であるとされています。これが多いと感じるか少ないと感じるかは人の感性によって異なるでしょう。もし一学年が200人の学校であれば、その学年の中には2人程度はてんかんを持っている人がいるということになります。多くの場合には乳幼児期に発症して判明することになるのがて...

    記事の続きを読む

  • テグレトールは大後頭神経は三叉神経にも効く?

    2016年6月9日

    頭痛といえば、頭部を横方向に巻いたベルトで締め付けられるかのような痛みが特徴の緊張型頭痛など、いくつかのタイプが知られており、姿勢の悪さに反発する身体的な要因、仕事や家庭でのストレスといった精神的な要因の、どちらでも発生することが知られています。こうしたものは、軽い運動やストレッチで予防することが可...

    記事の続きを読む

  • テグレトールと同様の効果を示すお薬の種類と価格

    2016年5月25日

    テグレトールと同様の効果を示すのは、カルバトールというジェネリック薬です。 ネット通販では、有効成分量の違いで200mg、300mg、400mgのラインナップがあります。400mgだと1箱(100錠)あたり6500円くらいの相場です。 テグレトールとカルバトールは、薬の名前が違うだけで同じ効果を示し...

    記事の続きを読む