• テグレトールと低血糖とピルについて

    2016年9月22日

    日本国内では1966年に販売されたのが、テグレトールの抗てんかん薬です。カルバマゼピンがメインとなっている成分で、1957年につくられています。イギリスやスイスでは、1966年に販売されました。そこから、抗てんかん薬や三叉神経痛治療薬として、テグレトールの医薬品は、とても広い範囲で処方がされることと...

    記事の続きを読む