• 暴力性てんかんは神経内科診療科でテグレトールの処方

    2016年11月1日

    てんかんという症状は、脳の神経細胞であるニューロンにおいて、電気的な興奮が発生することで生じる発作のことを言います。 てんかんは脳における慢性的な疾患と言われており、発作が繰り返し現れることが考えられます。 てんかんの種類の中には暴力性が伴う症状もあり、医療機関を受診するときには精神科や神経内科の診...

    記事の続きを読む