• テグレトールは将来動悸などの副作用が想定される

    2017年1月16日

    テグレトールとは、てんかん発作や躁うつ病や三叉神経病などの治療薬として、古くから幅広い用途で使用されている精神と神経のための薬です。カルバマゼピンを主成分としており、1963年にスイスとイギリスで抗てんかん薬として発売されたのが始まりです。国内では1966年に販売が開始されました。そもそも、てんかん...

    記事の続きを読む